ポケモンサンムーン|あかいいとの入手方法

From: アキヤマ ユウスケ (@ay8_jp)

ポケモンの厳選作業には必須アイテムの「あかいいと」だけど、今作のポケモンサンムーンでもそれは同じことです。

この記事では、ポケモンサンムーンでの「あかいいと」の入手方法をご紹介します。

「あかいいと」の入手方法

サンムーンでの「あかいいと」の入手方法は2つあります。

1つは、アーカラ島の「ロイヤルドーム」でBP(バトルポイント)と交換する方法です。

もう1つは、特性「ものひろい」で超低確率でゲットできます。

以下、それぞれ詳しく解説していきます。

BPと交換する

BPと交換

「あかいいと」は48BP

ポケモンサンムーンでは「ロイヤルドーム」か「バトルツリー」のどちらかでBPを稼ぐことができます。

ロイヤルドームの受付にいる一番右の人から「48BP」で交換することで確実に手に入ります。

受付

一番右の受付嬢

BPの稼ぎ方

48BPってのはなかなか多いですよね。

ポケモンバンクを使ってるなら、過去作から厳選したポケモン連れてきて、バトルツリーで暴れてりゃ稼げますが、強いポケモンがいない場合は結構キツイです。

そこで、「勝てないなら勝たずに稼ごう作戦」の登場です。

バトルツリーでは勝たないとBPが手に入りませんが、ロイヤルドームなら負けても1BP稼ぐことができます。

このシステムを利用して、いかに早く負けるかで、効率良くBPを稼ごうってのが、今回の作戦です。

やり方は簡単です。

  1. 「じばく」か「だいばくはつ」を持ってる低レベルのポケモンを3匹用意します。
  2. 設定で「戦闘アニメーションを見ない」に設定。
  3. 試合が始まったらすぐさま「じばく」で負ける

これだけです。あとはひたすら「バトルロイヤル」に参加して負けまくってください。

※ポイントとしては、参加させるポケモンは低レベルで、特性に「がんじょう」を持っていないポケモンにしてください。低レベルだと敵が真っ先に狙ってくれるから、スグ負けることができます。この時に特性「がんじょう」を持っているとHPが1残ってしまって時間の無駄になってしまいます。

大体1試合3〜4分ってとこなんで、相当時間は掛かるけど、確実にBPは貯まるんで根気よく負け続けてください。

「ものひろい」でゲットする

この方法は単純に運任せなんで、何十時間やっても手に入らない可能性もあるし、逆に10分で手に入る可能性もあります。

具体的なやり方

とりあえず一番簡単なやり方を紹介します。

まずメレメレ島の「2番道路」で(アローラ)ニャースを乱獲します。

ニャース

2番道路でアローラニャース

このニャースは、特性「ものひろい」か「テクニシャン」のどっちかなんで、「ものひろい」のニャースを5匹か6匹捕まえてください。

ものひろい

特性「ものひろい」のニャース

ゲットできたら、手持ちに5匹か6匹加えて、そのへんのポケモンとバトルしまくります。どこでも良いんでとにかくポケモンを倒しまくってください。

☟僕はたまたまニャースが育ってたので、オールものひろいニャース軍団ができました。

ニャース軍団

ニャース軍団結成

※注意点として、「ものひろい」でアイテムを拾ってきても通知がないんで、メンドクサイですが、バトル後にアイテムを持ってないかチェックしてやってください。

以上がサンムーンで「あかいいと」を入手する方法です。

まとめ

BPは他にも貴重なアイテムと交換するのに使うから、48BPもモッタイナイって思うなら「ものひろい」で運に任せましょう。

でも費やした時間を無駄にしたくないなら、潔くBP稼ぎをした方が、確実に手に入るからいいんじゃないでしょうか。

これで厳選作業が出来るようになるんで、頑張ってゲットしてください。

厳選方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています☟

起業すればゲームし放題!

起業して自由な暮らしを手に入れれば、ド平日の昼間っから、ゲームをやってても誰にも文句は言われません。自分の好きなことに好きなだけ時間を使えるから、ポケモンの厳選作業だってやり放題。次の日の事を考えて早く寝る必要もないんです。

 


気が済むまでゲームして、眠くなったら寝る。そんな会社員では味わえない自由なライフスタイルに憧れるなら、起業を目指してみませんか?

 


僕のメルマガでは、元工場勤務の僕が、9年務めた工場を辞めて起業して自由になった方法を余すことなく公開しています。

 


ブログでは書けない、濃い内容になってますので、ぜひ登録してみてください。
下のボタンを押すとメールが開くのでそのまま送信してください。

無料のメルマガを読んでみる

SNSでも最新情報を受け取れます

ポケモンサンムーン6v厳選方法ま...

やりたくない仕事をやらないために...