会社を辞める方法|辞める勇気がない人に送る8つの処方箋

会社を辞める処方箋

From: アキヤマ ユウスケ (@ay8_jp)

楽しくないし、やり甲斐も感じない。毎日会社に行くのが苦痛で仕方ない・・・。

俺はこんな会社で終わるような人間じゃない。毎朝起きるのが楽しみな仕事がしたい。

今すぐにでも会社を辞めたいけど、勇気が無い・・・。

だからまた今日も行きたくない会社で仕事してる・・・。

そんな悩めるサラリーマンに、6年間も「会社辞めます」の一言が言えなかった僕が「会社を辞める勇気が出る方法」をお伝えします。

1.まずは自己分析してみよう

  • あなたは何で会社を辞めたいんですか?
  • 会社を辞めてやりたい事はありますか?
  • 何でまだ辞めて無いと思いますか?

これらの質問に答えることで、会社を辞めるモチベーション(勇気)がどこにあるかを見つけます。

あなたは何で会社を辞めたいんですか?

この根本的な理由を再確認してみましょう。

自分との対話だから正直に答えてくださいね。

仕事の内容?金銭面?人間関係?立地?夢があるから?

人それぞれ会社を辞めたい理由はあるだろうから、洗いざらい全部吐き出してみてください。

ちなみに僕が会社を辞めたかったのは、「起業して自由になりたい」と思ったからです。

仕事の内容的にも全くやり甲斐を感じない仕事だったんだけど、人間関係はスゴく良好でした。

出世コースにも乗ってたし、給料的にも良くはなかったけど、悪くもなかった。

車で3分の職場だったから「満員電車がイヤ」とかって理由でもありません。

とにかく「起業」って夢があったから会社を辞めたかったワケです。

僕みたいにポジティブな理由じゃなくても、とにかく今の仕事が辛いから「逃げるために辞めたい」っていうネガティブな理由だって全然ありです。

「とにかく辞めたいんだよ!」って思うだろうけど、まずはしっかり自分が会社を辞めたい理由を認識することが大切です。

会社を辞めてやりたい事はありますか?

あなたが会社を辞めてやりたい事は何でしょうか?

会社を辞めたい理由として「やりたい仕事があるから」という人にとっては愚問ですね。

僕は当然「起業」でした。

でも中には「とにかく現状から逃れるために辞めたい」って人もいると思います。

そうゆう人は、自分にこう質問してみてください。

「会社を辞めて何でも好きなことやれるとしたら、何やりたい?」

何でも好きなことが出来ます。何やりますか?

パッと頭に浮かんでくることがあれば、潜在的にあなたがやりたいと望んでることの可能性が高いです。

直感を信じて、その道を検討してみると良いかもしれません。

この「会社を辞めてやりたい事」ってのが会社を辞める1番のモチベーションになるんで、まだ見つかってない人は、仮でも良いんで見つけることをオススメします。

何でまだ辞めて無いと思いますか?

ちょっと核心的な部分ですね。

自分を客観視して正直に答えてみてください。

僕の場合は、結婚して家族が居たから、起業して食べていける確信が無くて6年も辞めれずにウダウダやってました。

単純に「勇気がない」ってこともあるけど、その勇気が出ない根本的な部分は何でしょう?

人間関係的なもんなのか、金銭的なもんなのか。はたまた自分に自信がないのか?

もし「今すぐ会社を辞めたら、年商100億円の会社の重役にしてあげよう」って言われたらどうしますか?

明日にでも退職願を出すことが出来ますか?

まだ会社を辞めてない根本的な理由を見つけてください。

そこが解決できれば辞める勇気は自然と湧いてきます。

2.自分の人生は自分のものだと気付こう

嫌な事をイヤイヤやって過ごすのも、楽しいことをやってニコニコ過ごすのも同じ自分の人生です。

あなたはどっちの人生を望みますか?って聞くまでも無いですね。

この記事を読んでるってことは会社を辞めたいと思ってるってことですもんね?

少なくとも、嫌なことをイヤイヤやるのは嫌だって思ってるはずです。イヤが多いな(笑)

自分の人生は人の為にあるんじゃないんですよ。ましてや誰かさんが作った会社の為でもありません。

「家族のため」「子供達のため」に生きてると思ってる人もいるけど、実際は家族や子供の安心や笑顔を見たいと思ってる自分の為にやってるんですよ。

自分の人生は自分のモノです。人のために我慢して嫌なことを続ける必要はありません。

家族を言い訳に使わない

もし、今の仕事を続けることが家族のためだと思ってて辞められないんなら、自分自信や家族に聞いてみてください。

「イヤイヤ仕事して辛い人生を送ってる俺か、好きな仕事をしてイキイキした人生を楽しんでる俺か、どっちがいい?」って。

労働条件、収入面も同じ条件だったとしたら、どっちの仕事してる俺(自分)がいいか?ってことです。

もし「今の仕事を続けろ」って言われたなら、ハッキリ言って愛されてないですよ・・・。そんな家族の為に自分の人生を犠牲にするのは辞めたほうがいい。

自分が思いっきり人生を楽しんでいたら、周り(家族)も楽しい人生になります。

自分が幸せじゃないのに、人の幸せなんて考えられません。

まずは自分の人生が幸せになることが優先です。自分から溢れ出した幸せで周りの人も幸せになっていきます。

だから、どうすれば自分の人生がより幸せで楽しくなれるのかよく考えて選択しましょう。

3.不安の9割は現実化しない

会社を辞めれない理由は色々な不安があるからだと思います。

僕も会社を辞める前は不安だらけでした。

でも実際、頭で考えている不安はほとんど現実化しません。

自分で勝手に妄想して不安になってるだけで、現実はそうはなりません。

今会社を辞めることに関して感じている不安の9割は取り越し苦労で現実化しないと思って大丈夫です。

不安要素が原因で勇気が出ないんなら、考え過ぎだから9割減で考えてみてください。

4.二種類の後悔を天秤に掛ける

やって後悔するのと、やらずに後悔するのとでは、後者の方が後々、尾を引きます。

ってか、やらずにする後悔は一生続きます。死ぬ時まで後悔し続けます。

頭の中に「会社を辞めたい」というアイデアが浮かんでしまった以上、もう消えることはありません。

それ以上に今の仕事(会社)が楽しくならない限り、「会社を辞めたい」というアイデアはどんどん膨らんでいきます。

その状態で辞めずにいたら絶対に後悔します。

逆に会社を辞めて好きなことを始めたとします。失敗したら少なからず後悔するでしょう。

でもその後悔は、前の会社を辞めたことに対する後悔というよりかは、失敗した原因に対するものです。

会社を辞めたことに対して後悔することなんて、ホントは辞めたくなかったけど、ヘッドハンティングされて失敗だった時ぐらいでしょ?

そもそも会社を辞めたいと思ってるんだから、辞めたことに関して後悔することは無いと思います。

逆に成功したら「会社を辞めてよかった」と心から思うはずです。後悔とは真逆のところに行けるわけです。

辞めてから感じる “かもしれない” ポジティブな後悔と、辞めずに一生背負い続けるネガティブな後悔。

あなたはどっちを選びたいですか?

5.人生は思ってるより短い

人生なんていつまで続くか分からないものです。

突然、事故や災害で死んでしまうかもしれません。

何があるかわからない人生で、あまりに楽観的な計画はスゴくリスキーです。

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズの言葉にこんなのがあります。

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?

もし明日死んだら後悔しないでしょうか?

「何で会社を辞めて好きなことをやらなかったんだろう?」って。

お前が言うな!って感じだけど、人生に会社を辞めるかどうかで悩んでる時間なんて無いんですよ。

やりたい事をやって、出来るだけ後悔の少ない人生にしないと、いつ終わるかなんて分からないんだから。

6.会社員が安定という時代はとっくに終わってる

会社を辞める勇気が無い理由に「今の安定を捨てるのが怖い」ってのも多く聞きます。

これは、なまじっかしっかりした会社に務めてる人に多い幻想です。

ハッキリ言って会社員が安定しているってのは幻想です。

これに関しては別に記事を書いてるからそっちを読んで欲しいんですけど↓

本当の安定を一言で言うと・・・

「自分の力で稼げるスキルを身につけた状態」の事を言います。

つまり会社に雇われて、お給料を「貰っている」 状態は決して安定とは言いません。

貰うんじゃなくて、稼ぐに変わった時が安定を手に入れたと言うことです。

つまり、1つの会社でずっと働き続けることは安定からは程遠い位置にあると思ってください。

だって、その会社で身に付けたスキルって、その会社で使うためのモノですからね。。。

特に工場で働いてる人なんてそうです。いくら機械の操作が職人級だったとしても、その会社がなくなれば他では使えませんから。

これからどんどんオートメーション化が進んで、単純作業は全て機械が代わりにやりだします。

そうなったら、人の居場所は無くなります。

だから今のうちに「自分で稼ぐ力」を身につけておくべきだと思います。

7.会社を辞める勇気が手に入る最高の処方箋

安心して、自信を持って会社を辞める勇気を手に入れる1番の方法は…

「自分で稼げるようになる」ことです。

上の章でも言ったけど、これが最強で最高です。

会社を辞めたいけど、辞めれない理由の殆どは金銭的な部分で不安だからだと思います。

例えば宝くじで1000億円当たったとします。

よっぽど散財しない限り死ぬまでに使いきれないお金です。

それでもまだ辞める勇気がないですか?「会社辞めます」って言えないですか?

多分普通に言えますよね?当たり前のように辞めますよね?

転職に失敗してもすぐに次を探せばいいし、起業に失敗しても痛くないですからね。

つまり、会社を辞めたいけど辞めれない理由の根本は金銭的な部分が殆どってことです。

ってことは、会社から貰う給料よりと同じかそれよりも稼げるようになっていたら、辞める抵抗はほぼほぼ消え去ります。

宝くじが当たることを期待するのはバカげてるけど、自分でビジネスをやるのはスゴく現実的です。

別に起業するとかってことじゃなくて、副業として稼げるようになれば、とりあえずで会社を辞めることも出来ます。

給料がなくても稼ぎがあるから飯は食えるし、その間にゆっくり時間を掛けて次にやることを探すこともできます。

8.資格よりスキル

転職に有利だからって理由で、使いもしない資格をたくさん持ってる人がいますが、僕はあんまり意味が無いと思っています。

やりたい仕事があって、それをやるには資格が必要って言うんなら分かるんですけど、特にやりたい事はないけど、会社辞めたいから資格取るってのは賛成できません。

実際僕が働いていた会社にも、ずっと「辞めたい辞めたい」言っててやたら資格を取りに行ってる人がいたけど、未だにその会社で働いてます。

必要に迫られて取る資格には価値があると思うけど、とりあえずで持ってる資格に価値はないと思ってます。

それなら、ビジネスのスキルを身に付けるために勉強したほうがよっぽど価値があると思うんです。

使うかも分からない資格を取るのに時間を使うんだったら、マーケティングやコピーライティングを学んで、自分で稼ぐスキルを磨くのに時間を使ったほうが断然良いです。

そっちの方が遥かに会社を辞めるモチベーションに繋がると思いますよ。

まとめ

ちょっと長くなっちゃったけど、これで少しは会社を辞める勇気が出たんじゃないかな?

こんだけ書いといてなんだけど・・・

結局、自分で稼げるようになったら殆どの悩みは解決するよね?って思ってます。

会社を辞めたいけど、辞める勇気がないんだったら、お金を稼いでそれを勇気に変えれば良いんです。

毎日「辞めたいなぁ」とか言いながらダラダラ仕事を続けてるんだったら、今すぐビジネスの勉強をして、副業で稼ぎ出しましょう。

3ヶ月〜半年もしたら、辞める勇気とメドが立ってるはずですよ。

僕が会社を辞めて起業するためにやったこと

ホントはやりたくない仕事を我慢してイヤイヤ続けていませんか?

どうせなら楽しいことを仕事にして生きていきたいと思いませんか?

会社に縛られず、自分の好きなライフスタイルに憧れるなら起業して自由になるしかありません。

「起業」って言っても難しいことじゃなくて、自宅で一人仕事をするのだって立派な起業。

好きな時間に起きて、好きな時間仕事して、好きな時間に寝る。

そんな自由を手に入れるために、やるべきことがあります。

メルマガでは「僕が9年務めた会社を辞めて、起業するためにやったこと」をお伝えしています。

ブログには書けない濃い内容になってるんで、今の現状に満足してない方はぜひご購読ください。

↓下のボタンを押せばメールが開くんで、そのまま送信してください。

今すぐ無料で読んでみる

SNSでも最新情報を受け取れます

オフラインでも低予算でビジネスを...

起業アイデアがなくても大丈夫。ア...