【成功曲線】ビジネスで成功するために重要なシンプルな答え

成功曲線

From: アキヤマ ユウスケ (@ay8_jp)

ビジネスで成功できるかは「続けられるか」にかかっていると言っても過言ではありません。

特に、インターネットビジネスみたいに成果が出るまで、ひたすらコンテンツを作り続けるようなビジネスでは特にです。

毎日頑張ってブログに記事をアップしても一向にアクセスは増えないし、もちろん売上も立ちません。

そんな日々が数ヶ月続くと「ホントにこのやり方であってんのか?」「やっぱり俺には無理なんかな?」と弱気になってしまいます。

そんな弱気な状態で何ヶ月も続けるの結構キツイですよね?

でもそれはほとんどの人が経験する道なんです。

成功曲線

あなたは成功曲線ってのを知ってますか?

☟こんなやつです。

成功曲線

成長曲線とも言われますが、これは縦の線が「成果・成功」を表していて、横の線が「時間や努力量」を表しています。

真ん中を真っ直ぐ斜めに伸びる青い線が、自分が思い描く成功までの道のりです。経験や作業量が増える毎に、真っ直ぐと成功に伸びていくと信じています。

次に下の方を走る赤い曲線が、実際に成功するまでにたどる道のりです。

この図を見て分かるように、自分が思い描いている成長と、実際の成長との間に大きなギャップがあり、このギャップに多くの人は成功を諦めてしまいます。

実際、ずっと成果が出ない状態が続いて、あるポイントを過ぎた途端に、一気に上昇しだします。この跳ねるポイントまでモチベーションを維持して頑張り続けられるかが勝負です。

中にはほぼ真っすぐ成功に向かって伸びていく人はいますが、それはほんの一握りの天才です。基本的にはみんな図のような曲線を描きます。

成功できるかどうかのポイントは、黄色い丸で囲んでいる、『成果が出だすまでの期間』をいかに早く終わらせるかです。

理想ではもう10万円は稼げているはずなのに、実際には1円も稼げていない、という状況が続くとモチベーションが続かず、心が折れてしまいます。

この期間を一刻も早く抜け出して、一気に成功まで加速する曲線に入れるかがポイントです。もちろんこの期間には個人差があり、1ヶ月の人もいれば5年の人もいます。

独学で何もかもやろうと思っている人は、この期間が長くなるでしょうし、信頼できる人から教えてもらったり、知識や情報を貰うことが出来れば、期間を短くすることが出来ます。

情報商材なんかは、この期間を一気に短くしてくれて、跳ねるポイントの起爆剤になってくれることもあります。実際に僕もずぅ〜〜〜と1円も成果が出なかったのに、情報商材を買って読んだら、3日目には初報酬が発生した経験があります。

ビジネスで成功するための一番の近道は、「成功している人のマネをすること」です。

クリエイティブさに欠けると言われるかもしれませんが、成功してから余ったお金でクリエイティブなことはすればいいので、まずは成功して、稼げるようになるのが先決です。

もし、これからネットビジネスを初めたいと思っている、もしくは、最近初めたけど、全然成果が出ないと悩んでいるなら、いかに「成果が出ない期間」を早く抜けるかを考えて実践すると良いでしょう。

まとめ

成功するまでには成果が出ない期間が誰にだってあります。

ちょっとやっただけで成果が出ないからって、スグに諦めるのはモッタイナイです。

後ちょっとで跳ねるポイントかもしれないんです。もしかした明日かも?

だからいつか上がる時が来ると信じて、頑張って続けてみてください。その時間は無駄にはならないはずですから。

追伸

とは言っても、間違ったやり方を実践し続けていても跳ねることはありません。

正しいやり方で実践を続けていたらの話なんでそこは注意が必要です。

「何が正しいのかわからない」って人はメンターを見つけて、教えてもらうのが1番だと思います。

僕で良かったら何でも相談に乗るんで、気軽にご相談ください。

僕が会社を辞めて起業するためにやったこと

ホントはやりたくない仕事を我慢してイヤイヤ続けていませんか?

どうせなら楽しいことを仕事にして生きていきたいと思いませんか?

会社に縛られず、自分の好きなライフスタイルに憧れるなら起業して自由になるしかありません。

「起業」って言っても難しいことじゃなくて、自宅で一人仕事をするのだって立派な起業。

好きな時間に起きて、好きな時間仕事して、好きな時間に寝る。

そんな自由を手に入れるために、やるべきことがあります。

メルマガでは「僕が9年務めた会社を辞めて、起業するためにやったこと」をお伝えしています。

ブログには書けない濃い内容になってるんで、今の現状に満足してない方はぜひご購読ください。

↓下のボタンを押せばメールが開くんで、そのまま送信してください。

今すぐ無料で読んでみる

SNSでも最新情報を受け取れます

「誰に言ってんの?」─あなたのメ...

選択肢が多いと売上が下がる!?そ...