幸せになるコツ。但東町チューリップまつりで学んだこと。

幸せ

From: アキヤマ ユウスケ (@ay8_jp)

昨日、兵庫県の豊岡市にある但東町のチューリップまつりを見に行ってきました。

子供に見に行きたいとせがまれてたんだけど、何かと忙してくてスルーしてたら、昨日が最終日だって事を知って、急遽行くことにしました。

最終日ってこともあって、すんごい人で会場?までの道は封鎖されて、1〜2kmほど離れたところからシャトルバスが出てました。

去年も行ったんだけど、その時はド平日だったから、シャトルバスとかは出てなかったと思うし、会場近くまで普通に車で行けました。

シャトルバスは5分に1本ぐらいのペースで出てたから待たされるストレスはなかったんだけど、まだ下の子が1歳半だし、カメラと荷物がたくさんあるんで、出来れば会場の近くまで自家用車で行けたら楽なのに・・・と思っていました。

バスの中で嫁と「近くの駐車場は一杯なんかな?」「そら、だからこんな遠くからバス出とんやろ?」なんて言いながら会場に向かっていると、会場近くの駐車場は結構スカスカで余裕で止めれるじゃありませんか!!

「うわ!余裕で止めれるやんけ・・・」と少しイラッと来てしまいました。

すると僕らの後ろに座っていた、親子の会話が耳に入ってきました。

子「えー。近く全然止めれたで。」
母「ホンマやな。でもバスにも乗れたしこっちの方が楽しいやん?」
子「確かに^^楽しい。」

この親子の楽しそうな会話を聞いて、僕は一瞬でもイラッと来てしまった自分が恥ずかしくなりました。

田舎じゃ自家用車での移動が当たり前だからバスには滅多に乗る機会はありません。

子供達を見るとスゴく楽しそうで、長女は「バス乗るん初めて^^」とメチャクチャ嬉しそうにしてるじゃありませんか。

暑さと荷物の重さでイラッとしてた自分がバカみたいでした。

家族を喜ばせるために来てるんだから、絶対バスに乗れた方がいい経験になるし、楽しいに決まっています。

こんな当たり前な事が考えられずに、自分の楽だけ、効率だけを考えてしまっていた自分が情けなかったです。

僕の後ろに居たママさんありがとう。すごく素敵な心をお持ちの方です。

僕も見習わないとイケないですね。

普段からポジティブに、人だけではなく物事に対しても、良い側面を見つけてプラスに考えていく。そうすれば何でもないことでも楽しい出来事になるし、ちょっとした不幸も楽しめるようになります。

ちょっとした事でイライラしていつも不機嫌を決め込んでる人生より、どんな時も笑顔で何をやるにも楽しんでいるご機嫌な人生の方が絶対良いです。

人の幸せなんてものは、自分の心次第なんだから、自分が幸せだと思えるような生き方をして行きたいものですね。

まとめ

素敵な心の持ち主のママさんのおかげで、僕の心も少しだけ健やかになりました。

イライラすることでその事象が解決するなら、いくらでもイライラしてやりますが、イライラした所で何の解決にもならないし、逆に冷静な判断が出来なくなるだけだから、できるだけイライラしないよう、心穏やかに過ごしていきたいですね。

追伸

何枚か撮ってきた写真を貼っときますね。スゴく綺麗でしたよ。

SNSでも最新情報を受け取れます

ペルソナはお客を減らす!?そもそ...